HOME >津軽烏城焼[TOP] >今井理桂代表作

今井理桂代表作


自然釉三筋壺


最大径19p 高さ26p

五輪の思想に基づいて作られた、三本の筋を胴に刻んだ壺です。工房の名称「三筋工房」は、この三筋からきています。

自然釉大壺


最大径33.5p 高さ40p

100メートルの大登り窯(臥龍窯)で焼成したときの作品です。

自然釉花生引付壺


38×36.5×高さ41p

70メートルの大登り窯(飛龍窯)で70昼夜焼成した時の作品です。

自然釉平安型大壺


最大径39.5p 高さ45p

平安時代に埋経する為に作られた壺の形です。

自然釉筒花生


最大径12p 高さ24p

降り積もった赤松の灰がビードロ化し、美しいエメラルドグリーンの釉溜まりになったものです。

このページの上へ

津軽烏城焼  (株)津軽茶道美術館